常にお金のことばかり考えて

いくら稼いでもお金というものは、足りないものだと思ってます。余るほど稼ぐって大変なことだと思います。専業主婦になった今、自分の無力さを感じます。ですが、結婚生活とは、相手に合わせていくことが続ける秘訣だと思っているので多少の苦難は耐えてきましたし、これからもそのつもりです。

なによりついていけなのは、旦那の金銭感覚です。プラス思考に考えて、その金銭感覚があるから相応の金額を稼いでくれてると思っていて、ついていけているんだと思います。とりあえず、女は隠し貯金をしなさいと周りに言われます。

が、私の場合貯金しても足りなくなると旦那を焦らす前にこれだけ貯金があると出してしまいます。わたしの考えでは、焦らさずがポイントで、精神的に不安定にならないよう仕事に今以上意欲を出してもらえるようにと思っています。こんな方法がいいわけではなく、旦那に合った方法を選んでいるつもりです。いない方がましなんて思い始めたら、夫婦関係が辛くなります。信じることも悪くないと思っています。

一応、すぐに貯金には手を出させないのも私の方法で、まず、カードでお金を借ります。旦那が自営業で稼げば稼ぐほど収入もあがりますので、一括返済出来る範囲で借ります。わたしが貯金を提示してしまうのは、だいたい、50万ほど足りなくなってきた時です。

こんなに、貯金を崩されると不安もありますが、先ほども言ったように旦那の精神を安定させるためです。なので、旦那は借金というプレッシャーを背負わず、仕事に集中してもらいます。ただ、もう貯金が無いことは自覚してもらいます。

貯金は無くなったけれど、これ以上に稼いでもらう期待と、落ちるときはとことん一緒に落ちて後悔させてやる気持ちと覚悟をもってついていっています。

そんな気持ちと裏腹に主婦は、お金を残す方法を常に考えます。

わたしは、貯蓄型生命保険に加入しました。死亡保障になりますが、払込終了すると死亡保障の金額から降ろすことも出来る、解約すると払込した以上に解約金がつく。死亡の際にも払込した以上に金額がもらえる保険に入っております。15年の払込なので毎月の保険料は高めです。が、安心に繋がっています。旦那は、内容は把握していません。保険に無関心なので、死亡保障とだけ伝えています。

わたしの考えで、学資保険もちろん入ってたほうが安心ですが、今は入る余裕がなく、優先したのが夫婦の老後と死んだ後に残せるお金、病気になったときに子供に負担をかけないようにが優先だとおもいました。払込終了し頼って使ってしまえば死亡保障は減りますが、わたしたちのことで子供に負担をかけたくないという思いからです。

その保険を優先した理由は、子供の学費など旦那には働けるうちに頑張ってもらう、それでも足りなければ学資ローンなどの手があるので、子供に学費の心配はさせたくない気持ちもありますが、両方の保険に入れれば一番安心ですが、子供も増えれば増えるほどそうとう稼ぎがない限り難しいと思います。なので、一番お金のかかる高校卒業後の進路については自分のことは自分でと教育していくつもりです。大学に行ってほしいけれど、そのころにはもう仕送りをしてやれないかもしれないので、学生ローンに頼ってもらうしかないかな・・・。(参考サイト:※プロミス学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です